スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

Z/X-ゼクス- ブースタードラフト(体験編)

では、実際にブードラで遊んだ体験を書いてみます。

ブードラ2回戦には10名の参加者が集まり、4名・6名と2卓に分けられ、
自分は6名卓のほうに振り分けられました。

1パック目1手目で悲嘆の堕天使ルシファーがこんにちは!
取り切りなので、ありがたくピック。7コスト9000とみると強くはないですが。
2手目に白8000バニラが流れてきたので白黒方面を狙ってみる。
始める前から3コスト5000が非常に強いと見ていたので、どんどん
優先的にピックしました。同じくヴォイドブリンガーも。
上家から白・黒の流れが良く、うまく棲み分けができているようです。
最後の4パック目開けたパックから憎しみの魔人オディウムさんが!
使っている色とも合っているし、せっかくのSRだしと悩みましたが
熟考の末、下家に流しました。そうしたところなんと4手目に再び
憎しみの魔人オディウムさんが!!
これには同卓のメンバーで大笑い。

では構築。
もちろん白と黒のフリーカードを借ります。
で、できたデッキはこんな感じでした。

1▼ 聖獣オーラペガサス(F) 4500
1▼ 聖獣オーラペガサス 5000
2▼ 名馬メリーゴーランド 5000
2★ 漂うヘッドクラッシャー 3500
1★ ロウブリンガーダストギール 3500
4▽ ロウブリンガーダストギール(F) 3000
4▽ 壺売りのシャム(F)
1▽ 不幸の魔人ミセリア 5000
4▽ 骨牙犬ボーンキーパー(F) 4500
1  死の鎖ケッテ 5000
2  壺売りのシャム 5000
4  強振するスティングビート(F) 6000
1  強振するスティングビート 6500
2  ロウブリンガーシシャパンマ(F) 5500
3  聖獣オーラビャッコ 8000
2  賢さのサジエス(F) 5500
3  決殺の矢プファイル(F) 5500
2  接合虚人ヒュージコープス 9500
2  憧れのアドミラシオン 7500
1  冥司教スケルタルビショップ 8000
1  悲嘆の堕天使ルシファー 9000
4  尊大なる光壁(F)
2  カーズディフュージョン(F)
※▼ライフリカバリー、★ヴォイドブリンガー、▽IG、(F)フリーカード版

2コスト:7枚 3コスト:16枚 4コスト:6枚 5コスト:8枚
6コスト:4枚 7コスト:2枚 イベント:6枚
結果は2-0での同率1位でした。(閉会式があるため3回戦目は無し)

ピックした28枚のうち20枚がデッキに入っています。しかし、上家との
棲み分けがうまくできていないと、ろくにデッキに入れることができず、
ほとんどフリーカード版のデッキで戦うこともあると思います。

白8000バニラを序盤からたくさんピックできたのもあり、今回は緑を
切る方向でピックしてみました。上から序盤に緑があまり流れて
こなかったので、色被りを恐れてのことです。
カードを回す順番が時計回り固定なので、上家と色被りをしてしまうと
欲しい色のカードがかなりせき止められてしまい、自分のところまで
回ってこないからです。

このレギュレーションでは3コスト5000がかなり重要です。
大半の3コストはフリーカード版のパワー4500であるため、この5000に
対処できないことが多いからです。自分は今回3コスト5000を徹底的に
ピックして全28枚のうち7枚ピックしました。さらに使っていない色の
3コスト5000も自分の使う色で良いカードが無い時は優先的にカット。
色がまったく合ってなくても最低1枚は3コスト5000のスタートカードを
ピックしておくことを強くオススメします。
次に6コスト9500ですね。
基本となるパワー4500x2で倒されないため、プレイヤースクエアに
いればかなりの要塞となってくれると思います。
5コスト8000は緑を選択したプレイヤーに3枚入っているフリーカード版の
鹿7500に対抗するためには必須と思います。

このレギュレーションでの最強色は緑でしょうか。
フリーカード環境の鹿ゲーにはなりませんが、リソース7枚で5000になる
薔薇兜ワイルドローズの強さを再認識できます。
あとはRで出現する巨獣ウェアライノ無双も予想できますね。
UCのルリジッサ・レモンバームも及第点なパワースペックがありますし、
ピックすればするほど2ターン目のルリジッサの可能性が上がります。
同じくUCの獣人ウェアコアラも同じパワーラインにムラが出るこの環境では
素晴らしい後押しのパワー+1000になると思います。
また、8000バニラがCで出現するのは白と緑だけです!
さらに先述したとおり、フリーカード版の鹿7500も3枚あるんですよー。

と、非常に緑が強そうではありますが、人気であればあるほど他の人が
ピックしてしまい自分に回ってこない可能性が上がります。
上家・そのまた上家がピックしておらず、濃く流れてきそうな色に狙いを
定めれば優良カードがどんどん回ってきそうという期待が持てます。
また、今回は初プレイで怖くて挑戦できなかったのですが、2コストを
中心に低コスト帯をかき集めたウィニーも面白いかもしれません。
かなりのカードを1発で仕留めることができる鋼城ユウロピウムを序盤で
ピックしたら狙ってみるのも?!

大変長文になってしまいましたが、ブードラは新鮮で面白いですよ!
まだまだ改良点や、供給用のフリーカードの準備などの問題もありますが
ブードラ文化もZ/Xに根付いていったらなーと思っています。
こうしたほうが良い!など意見がありましたら、ぜひ教えて下さい。
ブロッコリーさんにどんどん伝えていきますよ!

※MTGブードラでは美味しい養分さんが長々と書いてみました。
2012-09-03 : Z/X-ゼクス- : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

フェイズ千種

Author:フェイズ千種
フェイズ千種店のブログです。
愛知県名古屋市千種区内山3-25-6
一光千種ターミナルビル3階2号室

営業時間:
月曜 12:00~21:00
火曜 定休日
水曜 12:00~22:00
木曜 12:00~21:00
金曜 12:00~22:00
土曜 10:00~21:00
日曜 10:00~20:00

℡052-734-9921

最新コメント

アクセス

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。